副業

PV・ブログ収益が伸びない人必見!コンテンツマーケティングを理解して質の高い記事を書こう

PVが伸びない人はコンテンツマーケティングを学ぼう

ブログを書いていると誰もがこのような悩みに直面すると思います。

・PV数が伸びない
・ブログ初心者だからブログに役立つ知識を勉強したい
・ブログを継続して書きたいけど何を書いたらいいかわからない
・ウェブマーケティングとかわからない

そんなあなたのためにブログを継続するうえで意識したほうが良い”コンテンツマーケティング”について書いていこうと思います。SEOもかなり重要ですが、その前に”コンテンツ”です。今やブログの流入経路もSEOだけではなく、SNSなどから分散させる手法が伸びてきていますからね。当たり前ですが、ブログはコンテンツの積み重ねでできています。若干抽象的な話になるかもしれないですが、基礎となる大事なことなので知っておいて損はないです。

この記事を見れば

  • コンテンツマーケティングとは
  • コンテンツマーケティングの基礎
  • 実際にどんな記事を書いたらいいのか
  • アフィリエイトでCTR、CVRを伸ばす記事とは

以上のことが分かってくると思います。”マーケティング”の話にはなるので少し小難しくはなりますが、最後まで読む価値アリです。

コンテンツマーケティングとは

そもそもコンテンツマーケティングってなんなの?って方も多いと思います。コンテンツマーケティングとは”見込み客、顧客にとって価値のあるコンテンツを提供することで、興味関心を引き、共感、理解、期待をしてもらい、結果的に売り上げを伸ばすマーケティング法”です。
ユーザーにとって価値の高い記事を書いて興味を持ってもらいましょう。ってことです。ざっくりいうとこんな感じです。

コンテンツマーケティングの基礎

コンテンツマーケティングがなにかが分かったところで、ここからが本番です。早速コンテンツマーケティング の”基礎”を解説していきます。
基礎なので難しいことは省きますが、ざっくりこんなステップがあります。

  • 目標設定
  • 状況分析とトピック設定
  • ペルソナ設定と購買ファネル
  • コンテンツ制作
  • 測定

かなりざっくりとですがこんな感じです。また、ブログを書いている人向けなのでブログに関係ない要素は削ってます。難しそうに見えますが、実はそうでもないです。1つ1つ解説していきます。

1.目標設定

コンテンツマーケティングにおいての目標設定をする目的は以下の二つになります。

  • 見込客を集め、購買の説得をすること
  • 顧客との長期的なつながりを維持すること

ブログで記事を書く際、どちらの目的を達成するのかを意識して書きましょう。簡単に言えば、「アフィリエイトリンクを張らずに有益な情報を記載する記事」と「完全に収益化にフォーカスした記事」です。

これを意識した上で、目標を設定する際は、シナリオを明確にしましょう。長期的な目標を設定し、それを細分化し、短期的かつ具体的な目標も設定するのがベターです。

2.状況分析とトピックの設定

目標を設定したら次は状況分析をしましょう。マーケティングについて知識のある方は鉄板ですが、SWOT分析で内部・外部環境から、

  • 競合と差別化できるのもは何か
  • 市場(閲覧者)は何を求めているか

以上の2点を分析しましょう。マーケティングについてあまりわからないって方はざっくりでも良いのでこの2点を押さえてくと後々「ほんとにこの方向性でいいの?」なんて悩むことはなくなると思います。

この2点がわかったら、どんなコンテンツがそのユーザー(閲覧者)にとって適切かを考えます。ざっくり以下の3つに分けられます。

  • 競合が興味を持っているor発信しているコンテンツ
  • オリジナルのコンテンツ
  • ニッチなコンテンツ

かなりざっくりですが、これで十分だと思います。まず、競合が既に発信しているコンテンツや興味を持っているコンテンツは、当たり前ですが、需要があります。競合もしっかりと分析をして成果が出ているから継続しているので、必ず一定層の需要はあります。しかし、後発で真似するだけだとがっつり衝突します。また、「先行者利益」という言葉もある通り、基本的に不利です。

2番目のオリジナルのコンテンツに関しては、これを生み出せるのが一番良いです。しかし、競合と差別化を図れるようなオリジナルのコンテンツを生み出すのは難しいでしょう。

最後に、ニッチなコンテンツですが、これはそれほど多くの人が興味を持ちません。しかし、その市場でシェアを獲得できれば十分なPVは獲得できるでしょう。これは私の一番お勧めするコンテンツです。

3.ペルソナ設定と購買ファネル

何じゃそりゃと思う方も多いかと思いますので、一つ一つ解説します。
ここを理解すればアフィリエイトでぐっとCTR・CVRを伸ばすことができるはずです。


ペルソナとは企業(ここではブログを書く人)にとって最も重要で理想的な顧客モデルです。簡単に言えば、ターゲットにしたい、又はなりうる架空の人物を事細かに設定します。年齢・性別・職業・年収・居住地など。細かければ細かいほど良いです。
この作業をすることで、その人の潜在的な購買意欲や行動パターンなどを仮定することができます。

次に購買ファネルについてです。購買ファネルとは、ペルソナとして設定した架空の人物が、訪問客から優良顧客になるまでのステップです。ブログでいえば、ブログを見つけて初めて見た人から、毎日チェックする、繰り返し読むほどのファンになるまで、ということになります。

購買ファネルの各ステップに合わせた適切で効果的なコンテンツを発信することで優良顧客まで導くことができます。
例えば、初めてブログを見た人に、「この商品最高ですよ。買いましょう。」と言ってもなかなか買ってくれる人はいないはずです。
逆に、毎日ブログを読むほどのファンに対して、「私も毎日使ってます。」と言ったらどうでしょう。購入してくれる確率は上がるはずですよね。

4.コンテンツ制作

じゃあ具体的にどんな記事を書いたらいいか、各ステップに分けて説明します。

ここでは
訪問客⇒見込み客⇒新規顧客⇒優良顧客
の順にステップアップしていくと仮定して話を進めます。

【訪問客】
SEO、SNS、その他広告媒体から流入。
基本的に料金や商品の魅力などを説明しても効果なしです。
純粋にユーザーの悩みを解決する記事を書きましょう。

【見込み客】
商品、サービスを知らないユーザーもいるが、購買意欲の高いユーザーもいる。同業他社で比較検討している場合も多い。購買意欲を喚起する記事か、比較系の記事が有効。

【新規顧客】
1度でも商品の購入をしたことがあるユーザー。基本的にそのブログへの信用度は高い。顧客維持(リテンション)を行うことで優良顧客に成長する。商品の使い方やアフターフォロー系が良いでしょう。

【優良顧客】
満足度、ロイヤリティ(ここじゃなきゃダメだ、と思うこと)が高く、より高額な商品の購入やリピート購入をしてくれる。また、SNS等で拡散してくれる可能性も高い。ここに関しては、高額なものや拡散を促す記事で良いでしょう。

以上になります。
また、記事を書くうえで、

  • ただの販売促進をしていないか。押し売りをしていないか。
  • ユーザーに関連はあるか。一方的な情報がNG。
  • 疑問・悩みに答えているか。ニーズはあるか。
  • 情報に根拠はあるか。信頼性はあるか。

以上を意識しましょう。

信頼性はSEOの観点でも重要です。SEOに関してはまた別の記事で解説します。

5.測定

最後に測定です。ここもとても重要な要素です。

1度でうまくいく人はいません。どんな成功者もたくさんの失敗を経験しています。失敗をどう生かすかが重要になってきます。記事執筆を継続しつつ、Google analyticsとにらめっこしましょう。ここまで話した手順に当てはめて何度もPDCAを回すうちに改善できるはずです。かの与沢さんもこの本のなかで言ってますからね。ちょうどつい最近読み終えたのですが、まじでやる気に満ち溢れました。頑張ってブログ書きます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブチ抜く力 [ 与沢 翼 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/19時点)

楽天で購入

また、この本も消費者目線を知ることができるのでお勧めです。

以上、長々とありがとうございました。これからマーケティング系などいろいろ書いていこうとおもいますのでよろしくです。

 

 

ABOUT ME
アバター
yuta
無印店員▶︎広告代理店/社畜サラリーマン ミニマリストになりたい(なれない) 家具家電が好きな怠惰な副業サラリーマン 暮らしや副業、お金についてに発信をしています。 楽しいことして生きていきたい。楽に生きたい。