書評

【レビュー】習慣が10割〜5万人を変えた習慣形成のプロが教える最強スキル〜

この記事でわかること

ユウタ
ユウタ
この記事を読んでわかることは下記の通りです。3分程度で読むことができるのでぜひ最後まで読んで行ってください!

・「習慣が10割」ってどんな内容?

・習慣化できない2つの理由

・習慣化するための具体的行動4つ

・「習慣が10割」を無料で読む方法

AmazonオーディブルKIndke Unlimitedを使えば本書を無料で読むことができます。

それでは早速解説していきます。

「習慣が10割」ってどんな内容?

早起き、勉強、筋トレ、読書など、「習慣付けたい!」

と思っていてもなかなか続かないことありますよね。

物事が続かないのには理由があります。

その理由を知り、適切な対処をすることで誰でも良い習慣を身に付けることができます。

「習慣が10割」の著者である吉井雅之さんは5万人を変えた習慣形成のプロ。

習慣化のプロ、吉井さんが習慣化するための方法を解説している本になります。

習慣は人生、人格を作ります。

習慣化できない理由2つ

「続けよう!」と思って始めた物事も、数日経てば続けられなくなっている。

それには理由があります。

この段落では習慣化できない2つの理由を解説します。

この2つを理解することが、習慣を作るためのファーストステップになります。

・「正しい」より「楽しい」

・「意志」より「仕組み」

「正しい」より「楽しい」

人間は頭で「正しい」と認識したものを習慣化しようと思うのですが、それはかなり難しいことです。

人は「楽しい」と認識したものしか習慣化できないようになっているのです。

人の脳みそは「快」か「不快」で判断します。

そのため、「快」だと感じたものは意識していなくても勝手に継続するし、「不快」だと感じたものは遠ざけるのです。

例えば、朝早く起きよう、と思っていても二度寝してしまうし、ベッドだダラダラとスマホを見続けてしまうのも、脳が「快」だと感じているからです。

早起きが苦手でも早起きしたら100万円もらえる、とか、超イケメン・超美女とデートできるってなったら早起きできるでしょう。

このように脳みそが「快」を感じられない行動は習慣化できないのです

「意志」より「仕組み」

本を読んだりセミナーに行ったり、人と話して刺激をもらったりして、
その時は「やるぞ!」と意気込んでいても、強い意志は3日坊主で終わってしまいます。

意志は3日坊主なのです。自分の意志に頼るのはやめましょう。

人は意志で習慣を作ることは不可能です。

気合いを入れなくても、頑張らなくても自然と継続してしまう仕組みを作りましょう。

例えば、勉強中はスマホを別の部屋に置いておく、などすれば、勉強中にスマホを見ることは無くなります。

このように、自分の力で頑張るのではなく「やるしかない状態」を作ってしまえば継続できるのです。

習慣化するための具体的行動4つ

前段落では習慣化できない理由を解説してきました。

では具体的にどうすればいいのでしょう。

この段落では習慣を作るための具体的な4つの方法を解説していきます。

・欲望を言語化する

・小さく始める

・時間と場所を固定する

・人を巻き込む

欲望を言語化する

その行動を習慣化することであなたのどんな欲望が満たされるのか、どんなメリットがあるのか、を言語化しましょう。

例えばダイエットを頑張りたいなら、「モテたい」でもいいし「あの洋服を着たい」でも良いのです。

自分の欲望を言語化してみましょう。

その欲望があまりにも抽象的、長期的な人は、もう一つ「具体的かつ、短期的な欲望」も用意してみると良いでしょう。

「今日の勉強が終わったらプリンを食べる」でもいいですし、
「ジムへ行って帰ったら楽しみにしていたドラマを見る」でも良いです。

欲望を言語化してあげることが習慣化のファーストステップです。

小さく始める

人は大きな目標を立てると挫折しやすくなります。

ジムであれば、毎日100回ではなくて、とりあえず行くだけで良い。

勉強であればとりあえずテキストを開くだけで良い、などなど。

とりあえず小さく始めてみましょう。

小さな成功体験を積むことで自己肯定感が高まり、習慣化に繋がります。

人の脳は何かを達成した時に「快」を感じるようにできています。

小さく始め、それを着実に達成することで「この行動は気持ちいい」と脳が認識します。

完璧を目指すと挫折し、達成できなくて脳が「不快」を感じてしまうのです。

そうすると脳が自然と習慣化したい行動を遠ざけてしまいます。

まずは小さく始めてみましょう。

時間と場所を固定する

時間と場所を固定することで「いつやろう?どこでやろう?」の思考をなくします。

朝、「今日仕事だるいなー」って思っていても始業時間の9時にスーツ着て自分のデスクに座ったら自然と仕事をします。

その仕組みと一緒なのです。

この方法はif-then planningとも言い、「if(もし〜したら)」「then(その時は〜する)」と決めておくのです。

つまり、「〜するときは〜する」と毎日することに新しく習慣付けたいことを追加すると上手くいきやすい。

「歯を磨いた後にキッチンでプロテインを飲む」とか「会社が終わったらそのままジムに行く」とか普段の行動にプラスで習慣化したいものを組み込んでみましょう。

人を巻き込む

人は一人だと怠けてしまいます。

同じ目標を持つ仲間を作ることで「サボってるようにみられたくない」という心理が働きます。

筋トレなら筋トレ仲間、勉強なら勉強仲間を作ると良いでしょう。

マコなり社長も早起きにこの手法を使っているようで、

朝活仲間と朝、カフェに集合して朝活をする。
レシートに書いてある時間が1分でも遅れたらアウト、とルールを決めて朝活していたようです。

それに仲間は自分が挫折しそうな時に支えてくれるため、一人で頑張るよりも成功率が高くなります。

「習慣が10割」を無料で読む方法

以上、「習慣が10割」の中から一部抜粋して紹介しました。

こまった君
こまった君
・いい習慣を身につけたい!

・習慣化する方法をもっと具体的に知りたい!

と言う方はぜひ購入して読んでみてください。

読んで損はしない一冊となっています。

Amazonオーディブル、またはKindle Unlimitedでは本書を無料で読むことができます。

Amazonオーディブルは「聴く読書」で、隙間時間や通勤中や家事をしながら本を楽しむことができます。

月額1500円ですが、最初の一冊が無料で読めて、30日間のお試し期間があります。

解約も自由なため、一冊聞いて、解約してしまえば無料で本を楽しむことができます。

下記の記事でAmazonオーディブルの入会・退会方法とメリット・デメリットについて紹介しています。

また、Kindle Unlimitedは通常は月額980円で、和書12万冊、洋書120万冊が読み放題の電子書籍サービスです。

月額980円で読み放題なので普通に契約してもお得なサービスですが、こちらも30日間無料で試すことができます。

こちらもAmazonオーディブルと同じく、いつ解約してもOKです。

以上、いかがでしたでしょうか。

ぜひ皆さんも「習慣が10割」を読んで普段の生活に生かしてみてください。

ABOUT ME
アバター
yuta
無印店員▶︎広告代理店/社畜サラリーマン ミニマリストになりたい(なれない) 家具家電が好きな怠惰な副業サラリーマン 暮らしや副業、お金についてに発信をしています。 楽しいことして生きていきたい。楽に生きたい。