ライフスタイル

残業を減らす8つの方法。残業を4分の1に減らした具体的な方法はこれ。

・残業が多くて毎日へとへと。
・自由な時間が何もない
・残業が多くて毎日憂鬱…

毎日毎日残業はほんとにつらいですよね。

家に帰ってゆっくりしたい、もっとプライベートを充実させたい。
でも仕事のせいで全然時間がない。残業が多すぎる。

そんな方のために、自分が普段から意識している7つの方法をご紹介しようと思います。

上記のツイートのように残業を4分の1に減らすことができました。

もともと20時間なので多くはないですが、残業が多い人ほど以下の方法を実践すれば効果が感じられるのではないでしょうか。

明日から使えるような具体的な方法ばかりなので是非試してみてください。

全部自分でやろうとしない。人に任せる。

優秀な人にありがちなのがこのパターンです。

✔自分でやった方が早い
✔自分でやった方がちゃんとできる

と思って、全部自分でやろうとする人がいます。

しかし、そうすると、仕事量が増えて残業をしてしまうことになります。

また、仕事量が増えて、1つの仕事に時間を割けなくなってしまい、
かえって不備があったり、ケアレスミスをしてしまったりすることがあります。

これは本当に自分でやるべき仕事か。ということを一度吟味して、緊急性のない仕事などは他の人に振ってしまっても良いでしょう。

人に任せきれない場合は、一度任せてチェックだけする。情報収集だけ任せる。など、うまく自分の仕事量を減らしていく必要があります。

「100%でやる仕事」と「70%でやる仕事」を決める。

✔重要度が高く、100%の質でやらなければいけない仕事
✔そこまで重要ではない、70%の質でやればいい仕事

この2つに仕事を分けれていますでしょうか。
全部100%、完璧主義で進めていませんか?

人間にはそもそものキャパがあります。
1日にできる仕事の量や集中力には限りがあります。

全部を100%でやろうとすると、仕事の効率は格段に下がります

できる人はうまく手を抜いているのです。
重要度の高い仕事はしっかりと100%でやり、そんなに重要度の高くない仕事は70%でこなす。

これが効率よく仕事を進めるコツです。

完璧主義は自己満足です。

求められているレベルを見極めて仕事を効率よく進めましょう。

通勤時間に今日やるべきこと整理する。

例えば、ブログを書く時、パソコンの前に座って、
「今日は何を書こうかな」と迷っているのではダメです。

パソコンの前に座ったら即書き始める。
日頃からネタ探しをし、記事構成などは隙間時間に考えておく。

こうすることで圧倒的に作業効率が上がります。

これは仕事も同じです。
朝、デスクに座ってから「今日は何からやろうかな」と考えている時間は無駄です。

朝の時間は一番脳が新鮮で生産効率が高い時間です。
この時間を最大限有効に使いましょう。

朝の通勤時間で今日一日どんな順番で何をやるか整理しておきましょう。
何をやるか整理をするのにTO DOリストを活用するのがおすすめです。

僕は「ToDoリスト シンプルなやることリスト&買い物リスト」というアプリを使っています。
できることはそんなに多くないですが、シンプルで簡単にできるのが特徴です。
かなり使いやすいのでお勧めです。

ランチは食べ過ぎない。食べるものにも注意。

皆さんはランチは何を食べていますでしょうか。また、おなか一杯食べていませんか?
ご存じかもしれませんが、ランチは午後の仕事のパフォーマンスに大きく影響します。

まず、「ランチをおなか一杯食べる」のはNGです

ランチをおなか一杯食べるだけで苦しくなったり、眠気に襲われ午後のパフォーマンスは劇的に低下します。

また、何を食べるのか、食べる順番も重要です。

ランチの後に眠くなるのは、血糖値が上昇するからです。

血糖値を上昇させる食べ物は炭水化物や揚げ物など。
炭水化物が多い丼ものや、ファーストフードなどは最悪です。

また、食べる順番も、ベジファーストを意識しましょう。
野菜から食べ始めることで血糖値の急激な上昇を緩和することができます。

社内のツール・リソースを最大限に活用。

使える社内のツール、リソースは最大限に活用しましょう。

スプレッドシートやGoogleドライブなどは無料で使えて、大変便利なツールです。
このようなフリーのツールを使うと作業効率が非常に上がります。

また、他の人のアイデアでも社内で流用可能な場合はパクってしまいましょう
「パクる」というと聞こえは悪いですが、使えるものは使ってしまいましょう。

うまく流用、アレンジすることで効率は劇的に上がり、会社にとっても利益になります。
ビジネスの世界では成功事例を他の地域や他のクライアントに流用して利益を上げていく、というのは良くある話です。

スケジュール管理が一番重要。

スケジュール管理が残業を減らすうえで一番重要だと考えています。

僕は営業職なのですがスケジュール管理は綿密に行うようにしています。
また、スケジュール管理をしたうえで、自分の手元にある仕事は極力早く他人に投げる、ということを意識しています。

クライアントや協力会社に送るメールにはすべて末文にスケジュールを記載します。
必要であれば色を付けたり、太字にしたりなど、目に留まる工夫もしています。

自分が残業しないようにスケジュールは余裕をもって設定します。
例えば実際の締め切りより、クライアントには3日前に返答をもらう。協力会社にも余裕をもって仕事を投げるなど。

これをすることで相手からのレスポンス待ちで帰れない、と言ことがなくなり、大幅に残業時間を減らすことができました。

集中力を保つ。程よく息抜きする。

仕事をするうえで集中力はかなり重要です。

しかし、人間の集中力が持続可能な時間は限られています。
やるときはしっかりと集中し、一区切りついたら少し休む
このようにすることで作業効率は向上します。

また、お昼過ぎには15分程度の仮眠をすることで効率が上昇することは科学的にも証明されています。
可能であれば仮眠を取りましょう。15分以上はかえって逆効果なので15分程度にとどめておきましょう。

どうしても休めないときはエナジードリンクなどに頼るのも1つの手です。
しかし、エナジードリンクは体によくありません。また、「元気の前借り」なのであまりおすすめはできません。

最近はカフェインフリーのエナジーサプリもありますので、試してみるのも良いでしょう。
カフェインフリーのエナジーサプリについては下記の記事でまとめています。

しっかりと睡眠を取る。規則正しい生活をする。

なによりしっかりとした睡眠を取り、規則正しい生活をすることが大事です。

1日6時間以上の睡眠はとりましょう。
睡眠不足はパフォーマンスの低下に直結します。

夜にしっかりと寝て、朝に朝日を浴びる。
こうすることで体内時計が正されて、仕事中に眠気が襲ってくる、なんてことはなくなります。

また、食べるものも重要です。
誰かご飯を作ってくれている人がいる場合はいいですが、単身者、一人暮らしの方は

✔食べない
✔お酒ばっか飲んでしまう
✔コンビニ弁当やカップラーメン

という方も多いのではないでしょうか。

食生活も重要です。

今では便利な宅食サービスもあったりするので、本気で生活を変えたい人には是非お勧めです。
僕は一人暮らしなのですが、実際に「nosh」という宅配弁当のサービスを利用してます。

仕事後は疲れて自炊したくないですよね。
自炊・洗い物の手間から解放されて健康的な食事が摂れるのでお勧めです。
また、自炊・洗い物の時間が節約できるので、家についてからの時間も好きなことに使えます。

noshについては下記でまとめていますので是非。

【最後に】時間は有限。お金より時間の方が大切です。

いかがでしたでしょうか。

最後に本記事で紹介した8つのお方法をまとめます。

・全部一人でやらない。人に任せよう。
・完璧主義は捨てる。70%でやるべき仕事もある。
・通勤時間にやることを整理。出社した瞬間から仕事に取り組もう。
・ランチは食べ過ぎない。食べるもの、順番も意識して午後の生産性を高めよう。
・社内ツール/リソースを活用。パクれるものはパクって効率よく。
・スケジュール管理をしっかりと。余裕をもってスケジュール管理しよう。
・集中力を保つ工夫を。息抜きも重要。
・睡眠は重要。生活習慣も意識しよう。

以上のことを意識すれば生産性はあがって残業時間を減らすことができるはずです。

時間は有限です。お金よりも何よりも重要です。

貴重な時間を残業で消耗しないようにしましょう。

ABOUT ME
アバター
yuta
無印店員▶︎広告代理店/23歳/新卒サラリーマン ミニマリストになりたい。 副業でWEBライターとブログをやっています。 暮らしや副業について発信をしています。 2年以内に独立が目標です。 楽しいことして生きていきたい!